橿原神宮〜神武天皇陵参拝

ホテルの窓から畝傍山が綺麗に見えていた。
Img_8e4e0dfe01028ca0681ffa7156f0303a
Img_2898074f03f1d856e8f540a79b0db74e
Img_b4c0abf828037e59196330ac062509b9
Img_b57ff4934f564e9b6a4afb42f977661b
Img_4485d769ad033491d7837b45e60cd3b9
神武天皇陵
Img_c1539a325d57fd81527243a3bf9e59c1
後醍醐天皇への忠義を絶対として生き死にした大楠公の御霊の前に立つ。

『大日本史』『日本外史』『太平記』

学問への希求は果てないが、読むべき本はこれだけで良いのかもしれない、などと思う。

その後の神戸護国神社までの道行きには、某本家をこっそり見学した。ちょっと緊張した。

護国神社から見た既視感のままに歩いて、安藤忠雄さんの建築群を見に行った。

神宮式年遷宮の年、御霊が正殿に移られた直後の、旧正殿の間近まで入らせていただく機会があった。

役目を終えた途端に、朽ちるという建築の現実を目の当たりにしながら、これもまた建築美なのだと思った。

数十年ぶりの、安藤建築は、新旧作品が共存していたが、古いものもきれいに磨かれていた。それによって、資産的価値はさほど落ちるものではないのかもしれない。

形あるものは永遠ではない。ゆえに美しいのではないかと思う。
反面、経済行為では受け入れられるものではないのだろう。

そう考えながら、楠公の精神が永遠である所以はなにかと思う。

それこそが時代を経てもまた、人々によって磨き続けられている証しなのだ。

楠公精神とは、生きる上での絶対美なのである。
Img_6e4aeabbf709c9b30d34a15e2e3d9f5c
Img_9b9915b880ba30d58481586052c8418b
Img_6a7aea55d751d94dc0292b18ff26547a
運動に入った当初といまを比べると、明らかに変わったことがある。

多くのものごとについて、強く断定的に述べ、書くことができなくなった。

本当にこれで良いのだろうか。このことによって、誰かを傷つけていないか。そういった様々な躊躇のなかで、もっと考えなければと思い続ける。なかば、自信の喪失という気もしていた。

しかし、最近読んだふたつの論旨に、それもある意味正しい道程なのかもと思わされた。

「無知は極端に走りがちである。ー自分の知らないことについての意見はどうも、バランスのとれた穏健なものではなさそうだ」(『波止場日記』エリック・ホッファー)

「人間が過剰に断定的になるのは、たいていの場合他人の意見を受け売りしているときだ。自分の固有の経験的厚みや実感を伴うかぎり、それはめったなことでは『すっきり』したものになりません」(『日本辺境論』内田樹)

なんとなく、救われた気分である。
Img_fcf53ae2693bca27ffaa9857d7feb439
労働と思索  憧れである
Img_987ce1b9e6d63ef44098b82e4c238ce4
中国との関係を考える良いテキストになった
齢を重ねてきて、あと何回これができるのだろうかということを考える時がある。

年に一回の行事ともなれば、なおさらのことだ。

jujuさんの歌に「また明日」という歌があるが、そう言ってもまた会えないこともある。

神宮参拝禊会に参加させて頂くようになって、毎年神宮に参拝することができるようになった。

バイクに乗って、志摩の友人を訪ねるようにもなり、伊勢がますます身近になった。

今年9月に、志摩でのみそぎ会が開催されるにあたり、前夜にバイクで東京を出てはじめて神宮の早朝参拝をさせて頂いた。

体全体が神聖に包まれるという感動があった。

それでもたびたび来られるところではない。

3月と9月の禊会のほか、6月と12月の1日を早朝参拝の日にしようと決めた。

前回9月の時は、開門時すでに明るくなりかけていたが、今回はまだまだ漆黒の闇であった。

とくに倭姫宮では、参拝者はわたし一人だけであった。内宮にくらべて灯りも極端にすくなく、神と対峙する濃密な時間を過ごさせて頂いた。

次は禊会の時に参拝させて頂く。

人生のうちあと何度、お伊勢参りができるのだろうか。

Img_762329748d1d107ec936b4b3ba7f649b
Img_0df55e8086980f02c41a9e92da1da6e0
夜明けを告げていた
Img_152a42687022cfa8116940d6121d5e29
神秘のひとことである
いまNHKで「ぬけまいる」というドラマが放映されている。

直木賞作家の朝井まかてさんの同名原作で、とても面白く読んだことを覚えている。

ドラマでは、各週のそのスピード感がなんとももどかしいが、好きな女優さんも出ているので楽しく見ている。

ドラマはまだまだ伊勢にたどり着かないが、往時の人々がひしゃくを持って歩いたであろう旧伊勢街道をバイクで走ってみた。

あの常夜灯は、何人のぬけまいり人を見たのだろうか。
Img_77144ffc6bde20861c83fd159e311b79
Img_c9b6c9cf7d98102dcf82040fc4a57c2c
旧伊勢街道と常夜灯
仙台での三島由紀夫・森田必勝両烈士「蹶起前夜遺志顕彰祭」「年忌法要」を終えて、四日市へ。

大治田にある森田必勝烈士の墓前に奉告。

今年の野分祭がどちらで行われたかは知らないが、命日には多くの方が参詣されたのであろう、きれいなお花が供えてあった。

もう10年以上前のことであるが、墓参を案内して下さった必勝烈士のお兄様から「多くの方がおまいりしてくれるので、必勝のお墓を分けたんです」と聞いたことがある。

そのデザインにある姿を思い浮かべるが、誤解があるといけないのでここでは差し控える。

墓石に刻まれた25歳という年齢に、いつも愕然とさせられるのである。
Img_81ccdcd328fcec74a892186362b39b7b
左が森田家、右が必勝烈士のお墓
Img_e185e471e84bb18d1102389c3058ee11
昭和45年11月25日没 25歳
昭和45年11月25日、東京市ヶ谷台・自衛隊東部方面総監室において楯の会隊長三島由紀夫氏、学生森田必勝氏が自衛隊員に向け「憲法改正」を訴えたのち、自刃された。

あれから48年の月日がながれるなか、その「憲法改正」こそ、政治的に議論されることとなったが、本質は三島・森田が訴えたものからは大きくかけ離れたものとなっている。

そしてなにより、わが国を取り巻く現状は、三島が「檄文」で訴え、「英霊の声」に託した言葉に倍するが如く混迷を極めている。

私は、平成10年頃から三島・森田の蹶起前夜に思いをはせ慰霊顕彰を行っていた「野分祭」に参列、平成12年の30年祭からは、祭典の奉仕をさせて頂いてきた。

その慰霊顕彰とは、誰がなんのために行うのか。

この数年、ある種政治的なゴタゴタのなかで、心を痛め続けてきた。

一昨年から、その「野分祭」を離れ、國の子評論社の仲間たちと蹶起前夜に「檄文を読む会」をはじめて、自身の思いを整理しながら話をし、思いを新たにしてきた。

昨年のその勉強会の時、あらためて自分たちで慰霊顕彰のみまつりを行いたいと話した。

さいわいに、副長は真言宗の僧侶である。青年隊長は、教派神道での学びをはじめていたところであった。

その場で、24日の蹶起前夜には「神式の慰霊祭」25日には「仏式の法要」を執り行うことを決めた。まずは、心許す仲間だけで始めることにした。

一年前のそんな話だけだったのだが、副長も隊長もまつりの準備をしっかり行っていてくれた。会場となる副長の寺(仙台)までの移動の手段を段取りしている者もいた。

勢いだけではない、それぞれが当事者として準備をしてくれていた。

【11月24日(土曜)】晴れ
東京駅より新幹線にて仙台へ移動。
前日に新嘗祭を終えたばかりの東京から参列して下さる荒岩宏奨さん、親愛なる弟分の佐藤健治(青森)、佐藤剛(秋田)、そして地元宮城から不二歌道会の森政見さんも到着し、祭典の準備にとりかかる。

副長やその師である管長さんとの対話の中で、この数年、慰霊とはなにか、顕彰とはなにか、供養とはなにかということを考え続けてきた。

たしかに、慰霊と顕彰をする者が、そこで立てた志を全うすることで、その当事者なりの供養は可能になるのかもしれない。しかしそれは、自己満足だけなのではないか。

慰霊顕彰のみまつりで供養は可能か。

まだまだ回答はでないが、蹶起前夜の三島・森田烈士の御霊をお招きして、その精神と向き合うことから逃げてはならない。

私が祭主、岩上直樹隊長が斎主。中川くんが典儀となって、48年祭を執り行った。

祭式は岩上くんに委ねた。私が奉仕していた「野分祭」で、檄文を奉読していた岩上が装束に身を包み、祝詞をあげ、みまつりをつかえる姿にそれだけでも大きな感動があった。立派に御霊をお招きしてとどこおりなく終えることができた。

寺の鎮守様の前を斎庭とさせていただく神式の祭典であったが、真言密教にはそれも縁遠いものではない。

これが私たちの蹶起前夜遺志顕彰祭だ。

佐久間夫人が直会の準備をしてくれ、絶品のせり鍋をつつきながら、おおいに語らった。

みちのく方面からの参加者は、三人で三升の日本酒を酌み交わし、笑い、泣き、椅子から落ちて床で寝た。

素晴らしい直会の時間だった。噂ではあるが「みちのく評論社」が近くつくられるかもしれない…。

夜は寺の広間に布団を敷いて皆で寝るも、みちのく方面のいびきに悩まされ、なかなか寝付けなかった。

【11月25日(日)】
昨晩同様、朝食を準備して頂き全員で食す。みちのく方面はいつもの無口に戻っていた。

所用のため本日からの参加となった和泉くんも合流。

11時より、彰武院文艦公威居士(三島由紀夫)、慈照院釈真必勝居士(森田必勝)年忌法要

ながく修行をつづけている副長が導師、私が施主となった。

副長のその迫力ある読経につつまれながら法要が進む。

冥福を祈るということの意味。犬塚博英先生から教えられたことの意味などを考えた。

導師の好意で、法要中に岩上くんによる「檄文朗読」が行われた。神式の祭典以外で聞く檄文。
胸が熱くなった。

あわせて、大塚亮太九州本部長からの献詠を森政見(不二歌道会)さんが、奉読して下さった。

法要は一時間に及んだ。

供養とはなにか。

最近読んだ小説の中で「神道における結界は、神の領域へ俗が入り込まないとともに、神の力を畏れ、神が俗に対する力の行使を、そこに畏れながら留めおくためではないか」という記述があった。

もしかすると、成仏ということをなさない仏様は、その力を地上界に及ぼす。

天命によって地上の秩序が変化する。天変地異に対する考え方の一つだろうが、冥福を祈る、魂の平安を祈るとは、そんなことなのかもしれないと思った。

このことは、これからの反省会での議論としてみたい。

副長は、政治団体ではなく宗教団体だと「國の子」をいうけれど、なにか本当になりつつある気がする。

みなそれぞれに潔斎をとき、焼き肉を食し、岐路についた。

佐久間副長、岩上隊長の奉仕に、そして遠くから参列して下さった皆様に感謝。

様々な成果とともに、課題も見えた両日の祭典は、次につながる私たちの道の指針となるだろう。


【その他写真は、Facebook頁をご参照下さい】
Img_47a722b86f2c4863b0d7dd5a30820b65
24日 参列の皆様と
Img_0a9ddb120c81bab95cee5cb92075ff7a
馬子にも衣装?
Img_2b11fbb113c296f50720ea9279a5b9b7
またの名を副長 青年隊長
Img_b915028d2a4fe38279926a69ed13621e
Img_8939d9cc02a61898eae8f9cb60ddd597
Img_907750f29db47d33d738e7567acb7676
Img_83367fe9a67bd7796d5ec30d64ebe784
Img_131488592e88c915d721edbeb68d5a01
Img_50760146964217075b8b5ac35f2f170c