青葉繁り風薫る好季節、みなさまには益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

平成の御代がむすばれ、ここに令和の御代がはじまりました。

私たちは尊皇絶対の誓いを再確認し、また皇統の無窮たらんことを祈念いたします。

一方で政府は、皇位継承の諸行事、大嘗祭以降には、女性宮家の創設をはじめとして、皇位継承に関する法整備を行う旨の方針を示し、内閣法制局もまたこれを補完するかたちで答弁例をとりまとめています。

このような問題に直面するいま、

「常に原点に立ち返り、大楠公の尊皇絶対の大確信『死ありて他なかれ』 に学べ」

 との、師・中村武彦先生の教えをあらためて想起するとともに、戦後、先生がひとり湊川の決戦を偲び、尊攘義軍をはじめ同志らの御霊を背負いつつ再興された楠公祭の原点の精神に立ち帰り、本年の御祭りを下記の通り厳修いたしたく存じます。

有縁の同志道友各位のご参列を賜りたく謹んでご案内申し上げます。
  令和元年五月吉日 
  
                  祭 主 犬塚博英
                  世話人 山口 申 
                  事務局 横山孝平

御賢台

【時】令和元年5月25 日(土)      
  
  《第一部》楠公祭       
    受付開始 午後5時        
    祭  典 午後5時半から          
  
  《第二部》記念講演       
    午後6時半から       
    講 師 宮本雅史先生(産経新聞編集委員)
    演 題「忠誠を貫いた楠公の精神(こころ)」

【所】乃木神社・尚武館(神社社務所二階)
   東京都港区赤坂8-11-27(地下鉄・千代田線「乃木坂駅」下車)電話 03-3478-3001 

【玉串料】 2千円

      【問合せ】kuninoko@gmail.com(横山まで)

※終了後、別途会費にて懇親会を予定しています。あわせてご参加ください。
Img_8b1966777f3c80ffe95af50ae88ce40a
【お知らせ】5月31日をもって、本ブログの契約終了のため、facebookに移行します。
まだ、桜を愛でる精神的な余裕はない。

昨日は首相官邸前で「新元号自事前公表」の問題を訴える予定が、なんの理由も明示されず官邸下まで排除された。怒り心頭であった。

それでも、官邸前で私たちに演説をされてはまずいなにかの不都合があるのだろう。年長者として妥協点を探るなど、年をとったなぁ、などと思いながらも、若い人たちに負けないぞという思いで訴えた。 (Click!) 

その後、敬天新聞社  (Click!)  様のご厚意で、しばし訴えをさせて頂いた。

敬天新聞の車でさせて頂く演説はとても気持ちがいい。
Img_e82ee32e2424ec4acbe6009031238518
Img_18db3bcc477a7df42d6f99660fd14ca1
Img_5b89a444f421786edf5d31eaa1212163
【同血新聞社 下山陽太さんの記事から】
元號事前公表に反對する同志の署名一〇二〇通を携へ、國の子評論社・横山孝平社主と内閣府に向かふ。

新元號の前倒發表竝びに事前公布が新天皇の元號制定權、そして、皇國の歷史傳統文化を蹂躪破壞する不逞惡虐行爲である旨を傳へた。

署名竝びに本日訪問した我らの趣意は總理官邸に屆けるとの由。

   ☆     ☆     ☆     ☆

事前公表反対の主旨に対する賛同の署名をお願いして2週間弱。全国の有志の皆様から1020通の署名を頂戴した。その赤心に胸が熱くなる。内閣府職員はその重さに気づいたのだろうか。

内閣府では、制服警官がボディーチェックを要求してきたが一喝。無礼な振る舞いに苛立つ。それでも警戒されているうちが花なのだろうか。

同行の有志の会の方々の熱い思いに、職員も感情をあらわにしてしまう場面もしばしばだった。

同志の思いに感激をしながら、至誠通天を信じ祈るばかりである。
Img_e671388e7909a1451addaf9b91ce48fa
Img_1d9a02035b5258d97898eaba0a4d1a89
Img_c388c0dd370fef9d0c51935986f92593
Img_5160c3872de319d3fd88bb68ebdd75ec
3月3日開催の 元号の本質を揺るがす「新帝御即位前公表」を考える緊急国民集会をyoutubeチャンネルにUPしました→ (Click!) 

式次第(会場:ビジョンセンター永田町)
開会
国民儀礼
主催者挨拶
講演①杉本延博先生(御所市議会議員)
  ②鈴木信行先生(葛飾区議会議員)
ー休憩ー
質疑応答
決議文採択
閉会



2月17日に開催された國防研究會(菊水國防連合)の模様をyoutubeチャンネルにUPいたしました。
ご視聴頂ければ幸いです→ (Click!) 
Img_b6bd79445d4363817bd589c59dc9ccc6
Img_add6e9b268ceb3986d8df6f32b63af2e
Img_4bc57b5f054db87cd4c99a2d531301e0
Img_1e97b8963da6615d5f609e9e19d55ab5
※書状での御案内を予定していますが、緊急の呼びかけにつき先行して告知させて頂きます。

日時 平成三十一年三月三日(日)
開場十四時三十分
開会十五時〇〇分
閉会十七時〇〇分
講師 杉本延博先生(奈良県御所市議会議員・『御歷代天皇の詔敕謹解』著者)
   鈴木信行先生(東京都葛飾区議会議員)
会場 ビジョンセンター永田町六階VisionHall
東京都千代田区永田町一の十一の二十八
合人社東京永田町ビル
会場整理費 一千円
Img_1bf9e1f045366d2f82c391d1575bbefe
Img_b3a4a922851fe06c108744ac16913692
Facebook頁より転載
Img_0e5d5ecb4a3dc052e57e7693dc280568
Facebook頁より転載
ご本人に右翼からのエールは迷惑かもしれないが…。

私たちの取り組みはこんなかたちでしたが、
■「パソナ、竹中平蔵への抗議街宣 訴訟に発展」 (Click!) 
■竹中平蔵を解任せよ  (Click!) 


【fecebookに以下のような投稿があると教えていただいた】
その勇気を称え、東洋大学の対応を非難する。

以下、転載。

東洋大学4年の船橋秀人君が、大学キャンパスで東洋大学教授竹中平蔵の講義と、竹中平蔵が行って来た犯罪的な行いに抗議して、単身で立て看を立て、ビラ撒きを行いました。学生の反応はいまひとつ、立て看は10分で撤去されたそうです。大学当局は、彼を呼び出して二時間半も尋問して、「学則に違反する行動」として、「学生の本分」から外れ、「大学の秩序」を乱したと決めつけて、卒論審査も済んでいる彼に「退学処分」を警告したそうです。

若者の命と未来を奪い、若者の希望と可能性を破壊した竹中平蔵を批判したことの、どこが「学生の本分」から外れ、「大学の秩序を乱した」のだと言うのでしょうか!?

ソーシャルメディアでは、船橋君の勇気ある単独行動を支持する声が高まっています。しかし東洋大学の学生の冷たい無視と、当局の弾圧への教職員の無視は酷いものですね。東洋大学でのビラ撒きは40年ぶりではないかと言う、船橋君への不断の注視と、彼の抗議行動への連帯表明をお願いいたします。

今の全体主義時代に、ひとりで竹中平蔵に抗議することは、ナチ時代の1942年からミュンヘンで反ナチ活動を続けた『白ばら』に等しいと船橋君は言っています。
------------------------------------------------------
船橋秀人君より
『立て看設置&ビラまき、同時決行!
しかし、大学当局によりあえなく撤去、その後2時間半にわたる取り調べとなりました。
♯立て看 ♯ビラ ♯東洋大学 ♯南門』
------------------------------------------------------
以下は、船橋君からもらったビラの文です。

この大学はこのままでいいのだろうか?
我々の生活が危ない!
竹中氏の過悪、その一つは大規模な規制緩和である。特に2003年の労働者派遣法の改悪がこの国にもたらしたものは大きい。それまで限定されていた業種が大幅に拡大されることで、この国には非正規雇用者が増大したのである。「正社員をなくせばいい」や「若者には貧しくなる自由がある」といった発言は、当時の世論を騒がせた。しかしながら、この男まるで反省の素振りを見せない。「朝まで生テレビ!」という番組では、自らの政策の肝であったトリクルダウン(お金持ちが富むことでその富が貧しい者にも浸透するという理論)について、「あり得ない」というある種開き直ったかのような発言をしており、まるで自分がやった責任について無自覚なようだ。また、昨年可決された高度プロフェッショナル制度については、「個人的には、結果的に(対象が)拡大していくことを期待している」などという驚くべき思惑を公言している。つまり、初めは限定的なものだからという理由で可決された労働者派遣法が、今これほどまでに対象を拡大したように、高度プロフェッショナル制度は、今後とも更なる拡大が予想されるのである。無論、我々も例外ではない。労働者はこれから一層使い捨てにされることになるのだ!!
様々な利権への関与!?
竹中氏が人材派遣会社のパソナグループの会長を務めているということも忘れてはならない。というのも労働者派遣法の改悪は、自らが会長を務める会社の利権獲得に通じていたからだ。まさに国家の私物化である。また、最近では昨年法案の正当性について全く審議されずに可決された水道法改正案と入管法改正案についても関与していたことが明るみになっている。更に加計学園との関連も取りざたされており、今後ともこの男の暴走を追及する必要がありそうだ。
今こそ変えよう、この大学を、この国を
皆さんは恥ずかしくないですか、こんな男がいる大学に在籍していることが。僕は恥ずかしい。そして、将来自分や友達や自分の子どもが使い捨てにされていくのを見ながら、何も行動を起こさなかったことを悔いる自分が、僕は恥ずかしい。意志ある者たちよ、立ち上がれ!大学の主役は、我々学生なのだ。右も左も前も後も何にも分からない人も、みんな集まれ。民主主義は決して難しいものではない。共に考え、議論し、周りに訴えながら、もう一度みんなでこの社会を立て直そう!!