昨年の10月10日、からだの不調を感じながら民族革新会議の定例会に出席した。

連日の頭痛で鎮痛剤が手放せなかった。時たま襲う左手のしびれは、読んでいた本を落としてしまう程だった。胸が苦しくなって、朝の電車を降りたこともあった。

翌11日 体調がすぐれないまま、12日の会合へ出席する旨の連絡をいれた。その深夜、横になって本を読んでいると頻繁に胸が苦しくなる。しばらくすると、脂汗が出て来、吐き気が襲ってくる。

経験したことはないが、ゾウに胸を踏まれている感じだった。なんかマズイぞ…。

現代人のサガなのか、ネットに症状を打ち込んで検索してみると、心筋梗塞の症状にピッタリ。

だんだん気も遠くなる。

これは気絶するな…。死ぬかも…。

幸いにも救命救急に命を救われた。

昭和35年に浅沼稲次郎氏が山口二矢烈士によって刺殺された日だった。

翌13日は、大正元年に中村武彦先生がお生まれになった日。

20日、野村秋介先生自決(平成5年)の日は病院のベッドで迎えた。

そんなことを因縁だと感じ、式年遷宮で得た感動を自身の生まれ変わりともとらえた。

12月、49歳の誕生日を迎えた時は感無量だった。

今週は、術後一年の検査のため入院をしていた。
検査結果は問題なし。恥ずかしげもなく自画自賛するが、40㎏の減量の成果だと思う。

しばらくぶりに会う人たちに、二度三度と見られてから名前を呼ばれることも、いまでは楽しい。

そしてまもなく50歳になる。

これからの10年をガンガン行くぜ! という思いだ。

今日で病気ネタを書くことも終わりにしよう。

すこしだけ1年前を思い出しながら、これから民族革新会議の定例会に出かける。

  ☆    ☆    ☆    ☆

『文藝春秋』11月号で、ノンフィクション作家の森功氏が「パソナ」の問題を取り上げている。興味深い記事だ。負けていられないと思う。





Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする