【同血新聞社 下山陽太さんの記事から】
元號事前公表に反對する同志の署名一〇二〇通を携へ、國の子評論社・横山孝平社主と内閣府に向かふ。

新元號の前倒發表竝びに事前公布が新天皇の元號制定權、そして、皇國の歷史傳統文化を蹂躪破壞する不逞惡虐行爲である旨を傳へた。

署名竝びに本日訪問した我らの趣意は總理官邸に屆けるとの由。

   ☆     ☆     ☆     ☆

事前公表反対の主旨に対する賛同の署名をお願いして2週間弱。全国の有志の皆様から1020通の署名を頂戴した。その赤心に胸が熱くなる。内閣府職員はその重さに気づいたのだろうか。

内閣府では、制服警官がボディーチェックを要求してきたが一喝。無礼な振る舞いに苛立つ。それでも警戒されているうちが花なのだろうか。

同行の有志の会の方々の熱い思いに、職員も感情をあらわにしてしまう場面もしばしばだった。

同志の思いに感激をしながら、至誠通天を信じ祈るばかりである。
Img_e671388e7909a1451addaf9b91ce48fa
Img_1d9a02035b5258d97898eaba0a4d1a89
Img_c388c0dd370fef9d0c51935986f92593