昨晩、三重県松阪のネットカフェに入り休憩。早朝、五時からの神宮参拝のため出発。

宇治橋前は、想像以上の人出だった。「朔日(ついたち)参りというものだろう。赤福も限定の朔日餅を販売する日だ。
 
五十鈴川にて手水をとり参拝した。
 
本来は、外宮に参拝してから内宮へお参りするのが正しい参拝であるといわれているが、どうしても先に五十鈴川で祓いたいものがあった。
 
内宮に参拝のち、倭姫宮、外宮を参拝し、志摩へ。
 
定番のコメダ珈琲で朝食をとり、集合場所の伊雑宮へ行くと、はやくも地元の方々が準備を進めて下さっていた。
 
伊雑宮参拝禊会に参加させていただく。

毎年三月の神宮参拝禊会に参加して下さっている大阪の方々が、神宮での禊をより充実したものにとの思いではじめられたものだ。私自身は初参加であるが、今回で三回目の開催になる。
 
参加者全員で昼食をとり、地域の公民館で禊講習会。

講話というほどのものではないが「古事記とみそぎ」についてお話しをさせていただいた。そののち、作法講習を受ける。
 
伊雑宮参拝禊会は海での禊である。国府白浜の海の民宿に入り、夕食会となった。
 
手作りながら豪華な食事を用意、つくっていただいた方々に感謝。地元の方々も、海の幸を提供してくれていた。楽しい時間だった。
 
東京から一気にバイク移動してきた疲れもあり、早々に就寝。
Img_c33dd903671921b7cd413d2b0a3c31df
宇治橋
Img_4f118b4fdd73cecf9fb9b85ff2cd77c1
神宮徴古館
Img_7165b2f24c3aac3c8cd6264261c820a6
志摩・国府白浜
Img_a6dc12fd254d94a4e8ed83ad8f176426
竹ノ内宮司による禊作法講習(ブログ北面武士より)
Img_2ac4022d76cb4649f056d31165eaacca
古事記と禊についてお話しをさせていただく
早朝四時半起床。装束を整え集合する。

全員が、かけ声とともに海へ。サーフィンのメッカでもあるという。つい最近も世界大会が行われた場所である。

五年前の病気以来、三月の禊は体への負担も小さくないことから躊躇し続けているが、今回は夏禊ということもあり、気合いをいれて臨んだ。

海中で、祓戸の大神を懸命に唱えた。水平線のさきに高天原があると思った。綺麗な光景だった。 

参加者全員が、清々しい気持ちでいっぱいになったと思う。

宿で朝食をとり、伊雑宮に正式参拝。のちに解散式が行われすべての行事が終了した。

運営に奔走された方々、地元で協力をして下さった方々に感謝。

一路バイクで帰宅。途中、道の駅で仮眠したり、山中湖畔では濃霧で走行がままならない状況になったりしながら帰宅。この往復で約千㎞走行。さすがに疲れたが、それ以上の満足感に包まれている。